PhotoshopのJSXで指定したCSVファイルをparseする関数

Photoshopで大量の自動処理を行う場合、どこからかデータを取得する必要が多く発生します。
PhotoshopではCSVファイルを読み込むことが可能なので、CSVを読み込みparseする関数をつくってみました。

使用方法

引数にはCSVファイルを配置しているディレクトリのパスを文字列で渡します。
CSVは一行目はそのカラムのタイトルを記載しておき、それ以下はそのカラムのタイトルに応じた値を追記していきます。
parseされたCSVは二次元配列で返され、data[カラム名][行番号]で呼び出すことができます。

ソース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です